家庭教師のアルバイトをして、子どもをできる子に育てよう。

授業は芸術そのもの

men smiling

ただ教えるだけが家庭教師ではありません。家庭教師に求められるのは、とにかく子どもを楽しませながら勉強をさせることになります。つまり、普通の学校の先生であってはいけないわけです。最近では学校の先生でも楽しい人が増えてくるようになりましたが、あなたはそれ以上に子どもにとって素晴らしい先生である必要があります。となると、普通の授業をただ垂れ流すようでは、立派な家庭教師だとは到底言えないでしょう。なので、まずは子どもから様々な情報を引き出してみることをしてください。子どもも人によって全然性格が違いますし、その子どもの性格に合ったスタイルで授業をしなければいけません。また、その子どもが何に興味あるのかも知っておくと、授業を作るための判断材料になるでしょう。基本的に家庭教師を利用する家庭の子どもは、勉強に対して苦手意識を持っていたり、嫌悪感を持っていることがあるので、子どもの性格からまずは知り、その子どもにどんな授業のやり方が一番適しているのかをしっかり模索していくことが何よりも重要となるでしょう。例えばよく家庭教師の方がやっているのは、ゲームキャラやおもちゃなど、勉強とはまったく関係無いところから無理矢理授業にこじつけるといった方法です。これなら興味ない勉強も、子どもの好きな要素が混ざっているので耳を貸しやすくなります。まさに嫌いなピーマンも肉詰めしたら無理矢理食べられるようになるのと一緒です。授業はまさに家庭教師にとっては一つの作品なので、いかに子どもがウケるような授業を作り出せるのかが大切なのです。